避妊の重要性と妊娠後の性交渉・精液と沸点について

避妊は健全な恋愛を進める上で、最も重視すべきマナーです。
特に婚前交渉の場合は、男女双方が避妊の方法を考えましょう。
男性側ならコンドームの装着、そして射精後は速やかに膣内からペニスを抜き取る等、膣内に精液が残留しない対策を講じるべきです。
反対に女性の方も、精液が体内に侵入しないように、彼氏に対してコンドームの装着をお願いしましょう。
若い男性は性的な快感を優先するあまり、いわゆるナマの状態での挿入を求めます。
しかし、経済的に不安定な時期に子供を授かってしまうと、誰もが不幸な結果になりかねません。
妊娠後、後悔しないためにもコンドームによる避妊、そして避妊薬による予防を毎回きっちりと進めましょう。

精液は液体状の物質ですが、完全な液体ではありません。
そのため火を加える事によって液体が気体に変化する沸点は明確には存在しません。一般的な液体の場合、熱を加える事によって液体から気体へと変化させ、その物質のリスクや性質を無効化出来ます。
しかし精液には明確な沸点もありませんし、そもそも性交渉の事前、最中、事後に沸点を経るような熱を加える行為は出来ません。
膣内射精された後の精液を仮にライター等で熱しても全く避妊出来ませんし、ただただ危険な行為になるばかりです。

一方で計画的に妊娠を希望した夫婦は、妊娠後も性交渉可能です。
激しい体位や危険な行為を避ければ妊娠後も普段通り夫婦の営みは継続出来ます。
唯一の注意点は妊娠後は、お腹の中の子供が早産しないように、同じく避妊具を装着する点くらいです。
妊娠発覚後、七週目から九週目は我慢が必要ですが、
その後、安定した経過を辿っているなら、セックスレスを回避するためにも関係は持った方が健康的です。